事例・実績

「行けたらいいな」が「行く」になり、全国へ

実績

全国高等学校バレーボール選抜大会 茨城県優勝、関東大会茨城県予選優勝

概要

競技名 バレーボール
世代 高校生
カテゴリー バレーボール部(茨城県)
サポート対象 チーム

依頼時の課題について

勝ちきれない。チームがバラバラ。本番で力が出せない。エースがミスし始めるとチームが撃沈、チームの会話がなくなる。

どのようなサポートをしましたか?

セミナー前には監督から必ずヒアリングをする。そのヒアリング時に出た課題をセミナーで扱う。先生に対してレクチャーする。(例えば、選手の出来ていることを最初に伝えるとよい。等)何でも言い合える安心安全の場を作る。

関わった後の選手やチームの変化は?

相手に合わせたゲームメイクをしていたが、自分たちのできるやりたいゲームメイクをするようになった。
試合中の会話が増え、コミュニケーション力が上がり、チームに一体感が生まれた。
チームの空気感が悪くなっても自力で巻き返せるようになった。
ミスがミスにならず、想定内とし、起きたことがOKと全員が言えるようになった。
チームメイト各々の心の声が共有できるようになったことで、選手たちが自信を持つようになり、技術力の向上につながった。
選手同士の心の距離が近くなった。

クライアント(選手、指導者等)の生の感想

監督:山野さんの月一回のセミナーで練習時の集中力が高まっていると感じた。
選手:反省をするより、振り返りをすることで練習時、課題に取り組む意識が高まり、技術力の向上につながった。
セミナーで選手同士、考えてること、感じていることを共有することで、コミュニケーションが高まり、ピンチをチャンスに変えられるようになった。
セミナーを受けた事で知らない自分に出会い、緊張を感じなくなった。
又、仲間の本当の気持ちを知ることができ、安心した。

扱ったテーマについて

モチベーション、目標設定、プランニング、競技力向上、本番発揮力、チーム力向上、人間関係について、コミュニケーション。

何を行いましたか?

チーム向けセミナー、グループコーチング(幹部、ポジション別、学年、A,Bチームなど)、メンタル&コミュニケーションレクチャー、ミーティングファシリテーション。

山野 明美

フィールドフロー認定コーチ:山野 明美

これまで関わったチーム名、選手名、世代、種目等

プロVリーグ選手
立教大学女子バレー部・関東3部から2部
四国地方高校男子バレーボール部・全国高等学校バレーボール選抜大会出場
大学生
バレーボール

PAGE TOP

スポーツメンタルコーチング
Copyright © FIELD FLOW. All Rights Reserved.

ページの先頭へ