チームサポート

img-eyecatch_teamsupport.png

「チームをサポートしてほしい」

毎日繰り返し行う練習やミーティング
ここ一番の大切な試合や大会で、こんなことを感じていませんか?

  • 試合でミスが出ても、ミスが連鎖しないチームにしたい。
  • ミーティングで色々な選手から思いもよらない意見が出るチームにしたい。
  • レギュラーも、レギュラー外もモチベーションの高いチームにしたい。
  • 人数が多くても、年齢を越えて、信頼感・一体感のあるチームにしたい。

実は、課題には大きく3つのステージがあります。

ステージ1 <明確な課題>指導者の感じている課題

日々指導されている指導者の方だからこそ、見えている課題があると思います。

  • 「選手同士のコミュニケーションが上手くいっていない、でも変わらない・・・」
  • 「技術ある選手の、本番発揮力に課題があるがどう取り組んだらいいのかわからない」
  • 「課題は明確だが、何が手に入ったら、何が変化すれば効果がでるのかわからない」

そんな明確な課題に対して、スポーツメンタルコーチの持つアプローチを提案させていただきます。

ステージ2 <根本の課題>指導者の方が気が付いていなかった課題

指導者の方や選手に、スポーツメンタルコーチがいろいろな視点でヒアリングさせていただくことを通して、今まで見え ていなかった根本の課題が見えてくることも少なくありません。
新たに見えた根本の課題を共有し、指導者の方と相談しながら、スポーツメンタルコーチのアプローチを提案させていただきます。

例えば、

  • 「選手のメンタルが弱い」と思っていたが・・・  

    →根本の課題は、戦略・戦術の理解度の低さや、選手間のコミュニケーション不足など、メンタル以外課題が未解決


  • 「目標を決めているけど、形だけ。その為の行動が伴っていない」と思っていたが・・・  

    →根本の課題は、目標を達成した時の選手自身やチームのイメージやあり方が描けていないこと


  • 「ミーティングで意見が出ない。コミュニケーション能力が低い」と思っていたが・・・  

    →根本の課題は、自発的にクリエイティブな発言をしやすい雰囲気の場がないこと

ステージ3 <新たな課題>課題に取り組み成長したからこその課題

課題に取り組み、チーム・選手が成長したからこそ新たな課題が次々と生まれてくるものです。
継続的にチームに関わり、指導者の方と共にチームの変化・進化・課題にリアルタイムに気づき、相談し、最後まで更なる成長を手に入れられるよう改善を繰り返します。だから、最高の結果を手に入れられるのです。

↓

これらの課題を解決するためには、画一的な解決方法ではなく、
チームの現状に合わせて考え、ステップを踏みながら課題に取り組むことが重要です。

特徴1「チームの課題に合わせたオリジナルプログラムでサポートします」

img_teamsupport-thum01.png

サポートに入る前に、指導者やチーム関係者の方へチームの現状や課題について、丁寧なヒアリングを実施。 ヒアリング内容をもとに、課題へのアプローチ方法をご提案し、現状のチームに最適なサポートを指導者の方と相談しながら決めていきます。


ヒアリング
指導者の方へチームの現状・課題・目標・スケジュールなどのヒアリング
〈明確な課題〉の共有

現場の視察
選手へのヒアリングや、試合・練習の現場視察による情報収集
〈根本の課題〉が明確化

(選手了承の内容については、情報共有しチーム作りに役立てます)

具体的な提案
ヒアリングと情報収集から見えた課題に対するアプローチ方法をご提案
サポート形態、対象者、サポート期間などサポート実施方針を決定

プログラム作成
チームの状況に応じた最適・効率的なオリジナルプログラムを作成

サポート
サポートの実施

ミーティング
指導者とのミーティングを実施し、練習、試合などを振り返り、
〈新たな課題〉を明らかにします

img_teamsupport-tokucho01.png

特徴2「チームの課題に合わせ様々なサポート形態で対応します」

  • セミナー

    「チーム全体の課題」がある場合は、チーム全員に対してセミナーを行います。体験学習形式で、効率的に気づきや行動を促し、チーム全員のスキルを高めます。

    img_teamsupport-thum02.png

  • 個別コーチング

    「選手個別の課題」がある場合は、選手に対して個別コーチングを行います。マンツーマンで、思考・感情・行動・身体感覚・五感を「引き出し」、気づき・行動を促進します。

    img_teamsupport-thum03.png

  • img_teamsupport-thum01.png

    指導者とのミーティング

    チーム・選手の変化・成長・課題について、密にコミュニケーションをとり、常に次の課題を共に見出していきます。課題に対するアプローチ・対象・コンテンツを提案・検討していきます。

  • ミーティングファシリテーション

    課題が「ミーティングのやり方・進行・空気感」にある場合は、ミーティングファシリテーションを行います。中立の立場から、参加メンバーの主体性、創造的なアイディア、本音のコミュニケーションを引き出し、活き活きとした場を創ります。

    img_teamsupport-thum04.png

  • グループコーチング

    課題がリーダー陣/ポジション別など「一部のメンバーの課題」である場合、対象メンバーにグループコーチングを行います。メンバーを限定し密に課題を扱うからこその気づき・発見から、より効果的で持続可能な解決に繋がります。

    img_teamsupport-thum05.png

  • 試合・練習・ミーティング帯同

    課題が「試合・練習・ミーティングの現場の課題」である場合は、試合・練習・ミーティング帯同します。チームのニーズに応じて情報収集し、指導者・スタッフに共有し、現場でのイレギュラーな事象にも対応します。

    img_teamsupport-thum06.png

オリジナル年間プログラム(イメージ)

img_program.png

「継続プログラムの導入によりチームの成長速度が加速します」

※期間・内容など詳細についてまずは相談ください。

「最後に、私たちの想いをお伝えさせてください。」

あなたの目指すチーム像を聴かせて下さい。
指導者の方と共に チームを創ります。


スポーツメンタルコーチングは、「相乗効果を発揮」します。
指導者やチームが、歴代築きあげてきた価値観や想いを尊重し、その上で、新たな課題を見つけ、チームに今までと違う変化や効果を生み出します。
また、現場で起こる様々な出来事に対しても、相談に乗りながら継続的にサポートし、共に結果を生み出します。

実績一覧へ