スポーツメンタルコーチングとは

img-eyecatch_characteristic.png

特徴



特徴1「メンタルで扱える領域の広さ」

メンタルといえば、
「イメージトレーニングや呼吸法、ルーティンの活用などによって『本番でいかに実力を発揮することができるか』
についてトレーニングをすること」

というイメージをもっている方も多いですが、我々がメンタルで扱う領域はもっともっと広いものです。

スポーツメンタルコーチングは、【本番での実力発揮】だけでなく、下記の領域全てを扱います。


【本番での実力発揮】
試合で、いかにして実力を発揮するか

【競技力向上】
日々の練習にどういう意識で取り組むか、どのように練習の質を高めるか

【人間力向上】
練習以外の時間をどういう意識で過ごすか

【モチベーション維持・向上】
モチベーションや自己効力感を上げるため・維持するためにどうするか

【ブレない軸】
自分自身の軸を確認したり、より強固なものにするためにどうするか

【マネジメント力】
より効果の上がる練習計画やプランニングをどう組み立てるか


選手や指導者が、自分の持っている力を最大化するために、上記全てを扱うからこそ、効果的に本番での結果につながるのです。

TOPに戻る


特徴2「メンタルとコミュニケーションの2つを同時に扱う」

【メンタル(自分とのコミュニケーション)のパターン】【人とのコミュニケーションパターン】は、お互いに影響を与えあっています。(例えば、すぐに自分の良くないところを探す癖がある人は、他人に対してもネガティブなところを探す癖がある場合が多いなど)、新たなコミュニケーションパターンを手に入れたいとき、「メンタル」と「コミュニケーション」の両方を同時に扱うことで、効率的で、より早く変化をもたらすことができます。

スポーツメンタルコーチングでは、個人としても、チームとしても大きな変化を手に入れるために、選手自身の「自分とのコミュニケーション」と、チーム内で起きている「人とのコミュニケーション」について、体系的な知識とスキルをフル活用し、仕組みの導入やスキルの効果的な習得を目指します。

img-characteristic01.png

TOPに戻る


特徴3「メンタルトレーニングとの違い」

メンタルトレーニングとは、大きな違いがあります。


スポーツメンタルコーチングでは、「教える」ことに加えて、「考えを引き出す」関わりを重視してます。

人は1人ひとり全く違う(モチベーションの素も身体感覚も)、チームも1つ1つ全く違う、という前提のもと、メンタルやコミュニケーションに関する基本的スキルを教えつつ、「本人からの気づきを引き出す」ことに、フォーカスをあてていきます。
我々、スポーツメンタルコーチが、選手やチームに関わる際、セミナーでも1対1の個別セッションでも、対話(コミュニケーションのキャッチボール)をしながら、真の課題や解決策を見つけていきます。


スポーツメンタルコーチは、良質な刺激をたくさん与える存在です。
考え方、アプローチ方法をお伝えしたり、身体感覚に関する質問や本質的な問いを投げかけることで、選手やチームに新たな刺激を提供します。
スポーツメンタルコーチとの対話を通して、選手が自ら考え、解決法につながる行動を自分自身で発見するプロセスを習得していきます。

img-characteristic02.png

TOPに戻る


特徴4「大切にしている3つの信念」

❶人は一人ひとり違う存在である

img-characteristic03.png

モチベーションの素・上げ方・維持の仕方、身体感覚、競技の好きなポイント、人生の歩み方など、全てが異なります。 人は一人ひとりまったく違う存在だからこそ、本人の思考や感情を聞くことが、効果的で具体的な解決方法につながります。選手の気持ちを勝手に解釈せず、できるだけ具体的に質問し、話をきくことから始めます。

❷人はチャレンジが好きな生き物である

img-characteristic04.png

人の根底には、「チャレンジが大好き」「チャレンジしてみたい」という気持ちが、必ずあります。 チャレンジできていない選手がいたとしても、「妨げになっているものが、何か存在するのかもしれない」と考えます。
妨げになっているものを取り除いたり、チーム内で失敗を恐れない雰囲気を積極的に作ることができると、誰もがチャレンジ好きに変化していきます。

❸人はクリエイティビティに富んでいる

img-characteristic05.png

人は本来、自発的に想像力を働かせて、組み合わせ、創意工夫をし、生み出すことに長けています。 メンタルコーチングでは、人のクリエイティブな側面を引き出し、小さな創意工夫を積み重ねていける関わりを大切にしています。
高いモチベーションを引き出したり、没頭する楽しさを味わってもらいながら、クリエイティビティを発揮できる要素を探します。

メンタルコーチングでは、
「選手は皆、唯一無二のその人らしい人生を、クリエイティブにチャレンジしていきたいと思っているはず」

という信念を持って人に関わります。

上記の3つを信じて関わり、この3つが活かされる場をつくることで、チームや選手の変化・成長・結果を加速させることができます。

TOPに戻る